龍言プロジェクト

Screen Shot 2014-01-14 at 10.41.55 PM 200年以上続く、由緒ある温泉宿龍言の依頼を受けICLOVEは、

  1. 英語版Webの改善、
  2. イスラム圏からのお客様のおもてなしの方法に関する調査研究、
  3. 従業員の英語研修のプロジェクトを委託しています。

海外からのお客様を呼び込むために必要な要素について、国際大学の学生と共同で研究を行っています。英語版Webは黒を基調とし解像度の高い写真を利用することにより見栄えのよいものとなりました。宿泊者のコメントなども掲載し、より龍言のよさをアピールできるようなWebを開発しました。

また、龍言のキャッチコピーを”Authentic Japanese Hospitality”として、より、海外のお客様に龍言がどのくらいすばらしいサービスを提供するのかイメージがしやすいWebとなりました。龍言のPRを宿泊客がよりしやすくなるように、Facebookや、Twitterへのリンクも貼りました。イスラム圏のお客様には、ハラル、ハラムなど食事に関する気遣いや入浴時に、たとえ男性であっても他人に裸体(ひざから腹部まで)を見せないため、水着などの着用を認めるあるいは旅館で準備するなどの気遣いが必要であることなどが理解されました。また、英語でのサービスは海外のお客様を受け入れる上で必須であるために、英語研修も随時行う予定です。