「異業種交流会兼技術開発懇談会」を開催しました

DSCN1593

南魚沼市内企業の異業種交流会として、ICLOVEの協力組織である長岡技術科学大学との共催で「異業種交流会兼技術開発懇談会」を開催しました。

技術開発懇談会では、長岡技術科学大学の上村靖司教授より「雪利用最前線~食品熟成からデータセンターまで~」と題した講演をいただきました。当市の大きな課題である雪の有効活用について、冷房や食品熟成などの活用方法を実例を交えてお話しいただきました。雪冷房は省エネだけでなく、除湿や空気清浄の効果もあることが実証されており、食品熟成は出荷時期の調整にも使え、旨味UPの効果もあることから、ブランド価値の向上や観光資源にも寄与することができます。

さらに今後はデータセンターでの雪冷熱活用や備蓄設備としての活用も想定され、産業誘致に関して弱点であった雪が武器になりうるという、とても前向きで希望の持てる講演内容でした。

その後会場を移し情報交換会を行い、様々な業種の方たちと懇親を深めることができました。今後もこういった催しを開催し、異業種間の交流から新たなビジネスが生まれることを期待します。