JBMC-NIIGATA 開催決定

jbmc

ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション新潟ラウンド(JBMC-NIIGATA)
【開催日】2015年12月6日(日) 13:00~16:00
【場所】国際大学3階 松下図書情報センター(南魚沼市国際町777番地)
【参加資格】新潟県内に在住する社会人及び学生(発表5~10チーム)
【特典】発表準備補助(チーム@5千円)、優秀1チーム JBMCファイナル公式推薦、JBMC参加の交通費補助(チーム@10万円)
【主催】ICLOVE(南魚沼市地域産業支援連絡協議会)【共催】日本リアルオプション学会 【事務局】南魚沼市役所商工観光課内 TEL:025-773-6665
Mail:syoukou-s@city.minamiuonumalg.jp

新潟予選を勝ち抜き、全国、そして世界へ!
エントリー締切
2015年11月20日

コンペティション開催
2015年12月6日

ビジネスモデル特別セッション「BMCで世界を目指そう!」
【講 師】大江 建(早稲田大学研究推進参与)、平松康三(小僧COM代表取締役会長)
【日 時】2015年10月24日(土)12:15~13:45 【場 所】国際大学1階(102号室)
【参加費】無料 【申込方法】下記ICLOVE事務局へ電話またはメールで申込

 

●ビジネスモデル・コンペティションとは

ビジネスモデル・コンペティション(BMC)とは、2011年より米国で始まった学生によるビジネスモデルのコンテスト。新規事業の85%以上が失敗するといわれる中で、ビジネスプランがきれいに書けているかを競うこれまでのビジネスプラン・コンテストではなく、ビジネスモデル(どのような仕組みで価値を提供し、利益を上げるか)の立案と仮説検証に重点を置いています。これからの新規事業は、そこに何らかのイノベーティブな要素(革新性)があることが大切です。しかし、事業がイノベーティブであればあるほど、不確実性が増え、リスクが大きくなります。このようなビジネスプランニングでは、マクロ的な市場調査や整理された財務諸表よりも、ユーザーによる実際の体験や市場で行う実験が重要になります。International Business Model Competition(IBMC)の審査基準は、参加者がフィールドでいかに実践をして、仮説を検証したかが重視されます。日本におけるビジネスモデル・コンペティション(JBMC)の新潟地区予選ラウンド。新潟県内の学生が競い合い、最終的に優勝した1チームが東京で行われるジャパン・ビジネスモデル・コンペティションへの出場権を獲得します。そしてJBMCで優勝したチームは米国で行われるIBMCの出場権を得る事ができます。