産学連携による中小企業の海外進出について

-産学連携による中小企業の海外進出について-

Ohe pic平成25年9月6日(金曜)

時間:15:00-16:30

場所:国際大学 松下図書・情報センター3階ホール

 『16:45~17:30 意見交換会 (同会場にて』 

大江事務所代表 国際大学客員教授 大江 建

講演者プロフィール

大江事務所代表。日本大学理工学卒業後、プリンストン大学天体物理研究所フルブライト研究員経て、メリーランド大学でPh.Dを、コロンビア大学でMBAを取得。 ダイモジャパン社長を経て、コンサルタントとしてベンチャーの立ち上げ支援を行う。 社内起業研究会を主宰し、新事業や社内ベンチャーの支援や評価のためのメソッドを開発。 その成果を実際のコンサルティングに活かしている。1998-2011年 早稲田大学経営専門大学院教授(実験経営学)。主な著書、『なぜ新規事業は成功しないのか(新版)』『中小企業の新規事業』『起業戦略』『ベンチャー企業の経営と支援 (新版)』 など多数

講演の概要

日本の中小企業の海外進出を、日本の大学生と進出先の大学生がチームを組んで支援するプログラムが始まっている。 「支援することから学習する」という産学連携プログラムです。国際大学では、2012年と2013年の春学期に試験的に実施しました。中小企業の海外進出という産業界の課題、実践力の向上、グローバル人材育成という日本の大学の課題、そして地域活性化、実践する場と実力の獲得という海外大学の課題、これらを解決していくのが、このプログラムの狙いです。

講義スライド